Aplace > Aplace株式会社のブログ記事一覧 > おっと!総額に〇〇を入れるのを忘れていた!

おっと!総額に〇〇を入れるのを忘れていた!

≪ 前へ|新築、中古どちらが見つけやすい??   記事一覧   不動産業界は意外と地味ですよ|次へ ≫

おっと!総額に〇〇を入れるのを忘れていた!

カテゴリ:不動産屋社長の役立つブログ


不動産を購入する際にはいろいろな費用が発生します。
購入価格はもちろん諸費用も発生します。
それ以外にも必要になものがあります。

住宅の総額は物件価格+諸費用+〇〇

〇〇の部分は住宅ローンの金利です。
最近の住宅ローンの金利は1%を切る商品もありますが住宅購入の場合は借入額が多いのと借入期間が長いので利息分だけでもものすごく高額になります。

借入金額:3,000万円
借入期間:35年
借入金利:1%
で計算すると利息分は5,567,804円です。
なんと500万円以上を利息で払うことになります。
実は一番高い経費が金利なのです。

金利の支払いを減らすには
・借入金額を少なくする
・借入金利を安くする
・借入期間を短くする
の3パターンです。
借入金額に関しては自己資金を貯めるのが一番なのは言うまでもないですね。

金利は銀行によって違います

住宅ローンを様々な銀行が取り扱いをしています。
同じ3年固定でも0.8%で借入可能な銀行もあれば1.2%の銀行もあります。
0.4%の違いだったら普段はあまり気にすることはないと思いますが住宅ローンの場合は大違いです。(利息の支払いで約270万円変わります)
200万円の自己資金を貯めるのであれば金利の安い銀行で借入をする方がメリットは大きいと思います。

金利の交渉ができるかも

不動産業者を通して住宅ローンの審査をすると多少ですが金利の交渉ができることもあります。
金利自体は交渉できなくても「がん団信」を無料で付けてくれるなどのサービスも。
※勤続年数、職種、自己資金の有無などは関係します

また事前審査の段階であれば銀行の窓口に行く必要もないので土日休みで平日は銀行の窓口が開いている時間に動けない方でも安心です。

最後の借入期間を短くするに関しては別で記事を書くのでしばらくお待ちください。

【関連ブログ】


≪ 前へ|新築、中古どちらが見つけやすい??   記事一覧   不動産業界は意外と地味ですよ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 更新情報

    2017-07-28
    住宅購入の悩みなど
    お気軽にご質問ください
    ⬇⬇⬇
    友だち追加

    *・.。.相談も無料☆.。.:*・
    ★現地案内無料
    ★ローン相談無料
    ★諸経費算出無料

    2017-07-01



    2017-06-01
    Instagramではオススメのお店や
    不動産屋の日常を暴露してます気づき

    YouTube YouTube #建売おしゃれ

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    Aplace株式会社
    • 〒461-0005
    • 愛知県名古屋市東区代官町39−22
      太洋ビル2F
    • 0120-644-550
    • TEL/052-979-2230
    • FAX/052-979-2231
    • 愛知県知事 (2) 第22802号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

矢島敬章 宅地建物取引士 最新記事



矢島敬章 宅地建物取引士

一生懸命がかっこいい!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る