Aplace > Aplace株式会社のブログ記事一覧 > 重要事項説明書の説明項目が増える!

重要事項説明書の説明項目が増える!

≪ 前へ|意外なものがランキング上位に!人気のブログはこれだ!   記事一覧   【節約事例17】オオカミさんは中古マンションの諸費用が101万円安くなりました!|次へ ≫

重要事項説明書の説明項目が増える!

カテゴリ:不動産屋社長の役立つブログ


住宅の契約の前には
重要事項説明書をお客さんに説明する義務があります。

重要事項説明書は
土地の大きさや建物が建築可能な大きさや
どんな建物が建築可能か、解約の方法や
上下水道、ガス、電気などの整備状況など
が記載されています。

ちなみに重要事項説明書に記載する内容は
定期的に更新されています。
(説明項目が増えている)

大きな災害がある時や
民法が改正された時に項目が増えます。

東日本大震災の後は
津波災害警戒区域についての説明が増え
民法が改正された時は
瑕疵担保が契約不適合という言葉に変わりました。

そして今回は水害リスクについての項目が
追加されることになりました。
(8月28日から)

「住民に水害リスクを把握してもらうこと」
を目的としているようです。

この数年で河川の氾濫なども
増えているので当然と言えば当然ですけどね。

新たに法整備がされるわけではなく
市町村が作成している
ハザードマップで浸水想定範囲などを
説明するだけで良いようです。

これにより災害が発生しやすいとされている地域は
少し人気がなくなるかもしれないですね。

ハザードマップは誰でも見れるので
今、お探しの地域を確認したいという方は
こちらからどうぞ

水災には火災保険で対応が可能なので
戸建の場合は水災にも加入しておきましょう。

ここ数年は災害が多いので
火災保険料も値上がりすると思います。
(火災保険の契約期間が最長5年になります)

できるだけ長期で加入するのが最もお得になります。


【関連ブログ】



≪ 前へ|意外なものがランキング上位に!人気のブログはこれだ!   記事一覧   【節約事例17】オオカミさんは中古マンションの諸費用が101万円安くなりました!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 更新情報

    2017-07-28
    住宅購入の悩みなど
    お気軽にご質問ください
    ⬇⬇⬇
    友だち追加

    *・.。.相談も無料☆.。.:*・
    ★現地案内無料
    ★ローン相談無料
    ★諸経費算出無料

    2017-07-01



    2017-06-01
    Instagramではオススメのお店や
    不動産屋の日常を暴露してます気づき

    YouTube YouTube #建売おしゃれ

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    Aplace株式会社
    • 〒461-0005
    • 愛知県名古屋市東区代官町39−22
      太洋ビル2F
    • 0120-644-550
    • TEL/052-979-2230
    • FAX/052-979-2231
    • 愛知県知事 (2) 第22802号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

矢島敬章 宅地建物取引士 最新記事



矢島敬章 宅地建物取引士

一生懸命がかっこいい!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


トップへ戻る