Aplace > Aplace株式会社のブログ記事一覧 > マイナス金利解除!今後、金利は上がるのか?

マイナス金利解除!今後、金利は上がるのか?

≪ 前へ|飯田グループの6社を比較してみた!   記事一覧   【4月】住宅ローン金利最安ランキング|次へ ≫

マイナス金利解除!今後、金利は上がるのか?

カテゴリ:不動産社長の本音


金融政策決定会合で「マイナス金利政策」が解除されましたね。
利上げは17年ぶりだとか。

そう考えると私が不動産業界で仕事をし始めた頃から
初めて利上げがされたことになります。

当時はフラット35の金利が3%ぐらいで
団信は別だった気がします。

3年固定、5年固定、10年固定を利用する方が多かったような気もします。
(変動金利が主流ではなかったと思います)
なにせ昔のことなのではっきりと覚えていません・・。

これから住宅を購入しようと思う人もすでに購入している人も
懸念事項は「今後、金利が上がるのか?」という点でしょう。

実際、お客さんにもよく聞かれます。

で私はいつも
「わかりません」
と答えます。

「無責任だ!」と思われるかもしれませんが
本当にわからないからわからないと答えている訳です。

お客さんから聞いたことがあるのですが
他社の営業マンは「金利は上がらないから大丈夫ですよ!」
と力説していたらしいですが何の根拠もないし
金利が上がって返済額が増えても営業マンが増えた分を負担はしてくれないです。

金利が上がることを想定していなかったの?

そもそも金利が上がってローンの支払いが厳しくなるなら
一番、最初の資金計画をミスっているんですよ。
だって変動金利というのは変動することが前提なので。
高くなるという前提で資金計画をしていないといけないわけです。

●金利の見直しはどれぐらいの頻度でされているのか?
●返済額は何年で変わるのか?
●最大でどれぐらい返済額が増えるのか?
などは最低限、知っておかないといけません。

ちなみに金利の見直しは半年に一回で
返済額の見直しは5年に一回
返済額は最大で今の支払額の1.25倍です。

これから変動金利が5%とかにはならないと思いますが
1%を超えてくることはあるでしょう。

それ以外にも戸建を買えば外壁塗装、防水工事、防蟻処理などの
メンテナンスは定期的に必要です。
物価が上昇すれば工事代金も上がります。

今は100万円でできる工事を将来的には120万、150万になる可能性もあります。
そういう意味では今までより厳しめに資金計画を行うのが正解でしょう。

物価も上がり、金利が上がっても
給料は上がらないという現象もあると思います。

不動産業界が今後、どうなるかは私にはわかりません。
どんな状況になっても「想定内」と思える準備をしておくのがベストだと思います。
≪ 前へ|飯田グループの6社を比較してみた!   記事一覧   【4月】住宅ローン金利最安ランキング|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 更新情報

    2017-07-28
    住宅購入の悩みなど
    お気軽にご質問ください
    ⬇⬇⬇
    友だち追加

    *・.。.相談も無料☆.。.:*・
    ★現地案内無料
    ★ローン相談無料
    ★諸経費算出無料

    2017-07-01



    2017-06-01
    Instagramではオススメのお店や
    不動産屋の日常を暴露してます気づき

    YouTube YouTube #建売おしゃれ

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    Aplace株式会社
    • 〒461-0005
    • 愛知県名古屋市東区代官町39−22
      太洋ビル2F
    • 0120-644-550
    • TEL/052-979-2230
    • FAX/052-979-2231
    • 愛知県知事 (2) 第22802号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

矢島敬章 宅地建物取引士 最新記事



矢島敬章 宅地建物取引士

一生懸命がかっこいい!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る