Aplace > Aplace株式会社のブログ記事一覧 > 【節約事例35】タツノオトシゴさんは新築戸建の諸費用を331万円安くできました!

【節約事例35】タツノオトシゴさんは新築戸建の諸費用を331万円安くできました!

≪ 前へ|【2月】住宅ローン金利最安ランキング!   記事一覧

【節約事例35】タツノオトシゴさんは新築戸建の諸費用を331万円安くできました!

カテゴリ:新築戸建諸費用の節約事例


新築戸建の諸費用詳細


場所:名古屋市瑞穂区
種別:新築戸建
土地面積:102.36㎡(30.9坪)
間取り:3階建て 4LDK



家族構成:ご夫婦+息子さま(未就学)
年齢:38歳
年収:???万円
勤続年数:10年以上



物件価格:3,798万円
諸費用:142万円
自己資金:1,090万円
住宅ローン借入金額:2,850万円
(住信SBIネット銀行 変動金利0.298%・35年返済)
月々の返済額:71,466万円


*諸費用内訳*

登記費用:481,508円
表題登記費用:102,000円
固定資産税清算金:200,000円(令和5年度日割+令和6年度分)
契約書印紙代:10,000円
銀行事務手数料:627,000円

合計:1,420,508円

※火災保険はご自身で手配しているので金額不明


  

*節約できた金額*

価格交渉額:3,998万円→3,798万円 ▲2,000,000円
仲介手数料:1,319,340円→0円 ▲1,319,340円


合計:▲3,319,340円



見学件数:1件
お問い合わせからお引渡しまでの日数:57日


車が通れるかも不安な前面道路

今回のお客さんはインターネットなどで物件を探していて
初めてのお問い合わせの時には既に気になる物件がありました。

なのでお問い合わせから物件見学はとてもスムーズに進みました。

物件自体は半年前には完成済みでした。
学区や地域、駅までの距離は言う事無しなのですが
前面道路が狭く駐車が難しいという点がネックとなり
販売に苦戦していた物件です。
(車での通り抜けも不可)

見学に行った時点で当初の販売価格から
500万円ほど値下がりしていました。

正直、現地に行った瞬間は
「この物件では前に進まないだろうなぁ」
と思っていました。

以前にも物件見学をしたことはあるようでしたが
そこまで詳しく説明をされなかったようなので
建物について説明をしながらご案内しました。

建物の見学も終わり、保証や住宅購入の流れなども
説明した所で解散となりました。

一週間ほど後にお客さんから連絡があり
「前向きに検討したい」
と連絡がありました。

その時点で販売状況を確認したら
既にお申込が入っていました・・・。

完成から半年売れていなかったのに
直近の1週間で購入希望者が2組も現れるとは。

不思議ですが本当に良くある出来事です。

その事実をお客さんに伝えて
物件の探し直しとなりました。

価格が下がって再登場!

多くの建売業者さんは
自社で販売中の物件一覧を作成しています。

前回、販売状況を確認してから
おおよそ1週間が経過したタイミングで
物件一覧を見ると商談中から販売中に変更されていました。
しかも販売価格が100万円も値下がりしています!

担当者さんに電話して販売中かを再確認しました。
以前、お申込していた方は住宅ローンが通らなかったようです。

お客さんに連絡した所、申込をしたいとのことだったので
その日の夜に購入申込書をご記入頂きました。

担当者さんとしてもやっとお申込が入ったと思ったら
融資NGで申込が白紙になりショックを受けていたようです。
(価格交渉も頑張りますと言ってくれたので大幅な交渉をしています。)

住宅ローンに関しては
公務員、勤続年数10年以上なので
まず問題はありません。

またまた引渡日がネックに

お申込をしたのが12月頭で
契約は12月中旬となりました。

完成物件に関しては契約後3週間での引渡というのが
売主さん側のルールです。
ただ今回は年末年始を挟むので3週間では住宅ローンが間に合いません。

契約書上は契約から3週間後に引渡日が設定されていますが
今回は当初から間に合わないことが確定していたので
担当者さんから会社に事前に説明をしてもらい
引渡日が延びることの了承を頂いていました。

今回のお客さんも(?)ネット銀行の利用を希望していたので
最初から長めの日程を伝えておきました。

ご契約が終わればあとは毎回、同じ流れです。

住宅ローンの本申込みをして
現地での立会いを行い、補修箇所を確認し
住宅ローンの承認後に住所移転、書類の取得etc。

ネット銀行の利用なのでお引渡しは当社にて行いました。

お客さんは9時過ぎに抵当権設定を担当する司法書士と面談し
その後10時に当社にお越し頂きました。

当社にご来店、頂いた時には既に残代金の振込は完了していたので
各種説明書や鍵のお渡し、保証の内容の確認などをしてお取引き完了となりました。

ネット銀行の場合は実際に銀行に行くこともないし
振込伝票を記入したりすることもないのでとても楽ではありますが
味気無さは感じますね。

銀行に何度も足を運ぶ必要がないので
お客さんにとって負担が少ないし
何より金利が安いのでメリットは大きいですが。

今回は結果として希望の物件が購入できましたが
ご案内後にもう少しこまめに物件の確認や
お客さんへの連絡をしておくべきでした。

不動産の仕事をしてすでに15年以上経過していますが
反省・改善することはまだまだあります。

ちなみに今回のお客さんは車は所有されていますが
車の利用頻度は週に1回あるかないかなので
前面道路が狭くてもそこまで気にならないとの事でした。

                


≪ 前へ|【2月】住宅ローン金利最安ランキング!   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 更新情報

    2017-07-28
    住宅購入の悩みなど
    お気軽にご質問ください
    ⬇⬇⬇
    友だち追加

    *・.。.相談も無料☆.。.:*・
    ★現地案内無料
    ★ローン相談無料
    ★諸経費算出無料

    2017-07-01



    2017-06-01
    Instagramではオススメのお店や
    不動産屋の日常を暴露してます気づき

    YouTube YouTube #建売おしゃれ

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    Aplace株式会社
    • 〒461-0005
    • 愛知県名古屋市東区代官町39−22
      太洋ビル2F
    • 0120-644-550
    • TEL/052-979-2230
    • FAX/052-979-2231
    • 愛知県知事 (2) 第22802号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

矢島 敬章 最新記事



矢島 敬章

一生懸命がかっこいい!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


トップへ戻る