Aplace > Aplace株式会社のブログ記事一覧 > 駐車場の入出庫が困難だからって損害賠償!?

駐車場の入出庫が困難だからって損害賠償!?

≪ 前へ|〜Ricca×自分らしい家〜ケイアイスター不動産の新築戸建 Naturalシリーズ   記事一覧   ちょっとしたことだけど快適性が段違いになります。|次へ ≫

駐車場の入出庫が困難だからって損害賠償!?

カテゴリ:不動産屋社長の役立つブログ


重要事項説明書には法律上、記載しないといけない内容が決まっています。
ですが大手仲介会社や建売業者さんと取引をすると
とにかく「特約」が多いです。

特約によく記載されている内容

・周辺の土地は第三者所有の土地だから将来、建物の増改築があるかもしれません。
・電波受信状況によってケーブルテレビの引込が必要な場合があります。
・駐車スペースはすべての車種が駐車できるように設計されていません。
・運転者の技量、車種によっては入出庫の際に複数回の切り替えしが必要になることもあります。
・大型家具が搬入できない可能性もあります。
などなど。

こんな特約いるのかなぁというものも多いのですが
リスク回避という点では必要になるようです。

私自身、上記の内容などでお客さんとトラブルになったことはありませんが
過去の判例で
予定してた車両の入出庫が困難
という理由で損害賠償請求をされた例があるようです。
しかも購入から5年後に・・。

普通に考えれば言いがかりですよね。
車が駐車可能かどうかなんて自分で確認しておけよ!
と思う方がほとんどだと思います。

実際に隣地に建物が建築されて日当たりが悪くなった!
とか言われてもどうしようもないです。
大前提として私は
「隣に建物は建築されません。」
とは絶対に言いません。

そういえば前の会社の店長は
お客さんの車が駐車場に入らなくて揉めていたことがありました。
(完全に店長の確認不足でしたが)

販売件数が多ければそれだけ色々な経験が増えてきます。
そうなると特約がどんどん増えていきます・・。

重要事項説明書を読む立場としてはそこまで記載しなくてもと思ってしまいます。
実際に時間も長くなりますからね。

とはいえトラブルにならないことが一番なので
事前にしっかりと説明をしておくことが大事です。





≪ 前へ|〜Ricca×自分らしい家〜ケイアイスター不動産の新築戸建 Naturalシリーズ   記事一覧   ちょっとしたことだけど快適性が段違いになります。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 更新情報

    2017-07-28
    住宅購入の悩みなど
    お気軽にご質問ください
    ⬇⬇⬇
    友だち追加

    *・.。.相談も無料☆.。.:*・
    ★現地案内無料
    ★ローン相談無料
    ★諸経費算出無料

    2017-07-01



    2017-06-01
    Instagramではオススメのお店や
    不動産屋の日常を暴露してます気づき

    YouTube YouTube #建売おしゃれ

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    Aplace株式会社
    • 〒461-0005
    • 愛知県名古屋市東区代官町39−22
      太洋ビル2F
    • 0120-644-550
    • TEL/052-979-2230
    • FAX/052-979-2231
    • 愛知県知事 (2) 第22802号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

矢島敬章 宅地建物取引士 最新記事



矢島敬章 宅地建物取引士

一生懸命がかっこいい!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る