Aplace > Aplace株式会社のブログ記事一覧 > 住宅購入における備えは何か?

住宅購入における備えは何か?

≪ 前へ|【節約事例12】ビーバーさんは新築戸建の諸費用が269万円安くなりました!   記事一覧   諸費用の借入もOK!フラット35の10割融資について|次へ ≫

住宅購入における備えは何か?

カテゴリ:不動産社長の本音



住宅探しにも備えが必要!

住宅探しでも様々な対策をしておくことが大事です。

よくあるケースとして自営業者の方です。
自営業者の方の多くは確定申告をしています。
ですが利益を大きくすると支払う税金も多くするために
所得を少なくしている方が多いです。

実際の所得は600万円でも
経費などを利用して所得を300万円にしたりすることも可能です。
(脱税か節税かはわかりません)

住宅ローンの場合、基本的に見られる部分は所得金額です。
なので所得を少なくするということは
借入できる金額が少なくなるということです。

実際に払えるかどうかは関係ないんですよ。

しかも社員だったら勤続年数1年未満でも
住宅ローンは借りれたりしますが
自営業者の場合は1年未満ではほぼ借入不可です。

借りれる場合でも自己資金が2割、3割と必要になることもあります。

自営業者の場合は確定申告書が3期分必要なことが多いので
3年ぐらいはしっかりと準備をしなければいけません。

それ以外だと住宅ローンの事前審査の手続きも備えのうちの1つです。

ほとんどの場合、事前審査の承認がないと契約には進めません。
購入申込書を提出しているだけだと契約の優先権はあります。
ただ売主さんによっては「契約できるお客さん」を優先することもあります。

同じ物件に複数の購入申込が入った場合、事前審査の承認が得られている方を優先することもあるんです。

なので購入する物件が決まっていなくても
事前審査をしておくことが住宅購入のための1つの準備となります。

他にも
自己資金を貯めておく、車などの借入を先に返済しておく、転職するのは住宅を購入してからにするなども準備の1つと言えます。

希望の条件が決まっていても
なかなか物件が出てこないこともあります。

ですがいつでも購入できる準備をしておくというのが
住宅探しにおいては大事になります。



【関連ブログ】


≪ 前へ|【節約事例12】ビーバーさんは新築戸建の諸費用が269万円安くなりました!   記事一覧   諸費用の借入もOK!フラット35の10割融資について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 更新情報

    2017-07-28
    住宅購入の悩みなど
    お気軽にご質問ください
    ⬇⬇⬇
    友だち追加

    *・.。.相談も無料☆.。.:*・
    ★現地案内無料
    ★ローン相談無料
    ★諸経費算出無料

    2017-07-01



    2017-06-01
    Instagramではオススメのお店や
    不動産屋の日常を暴露してます気づき

    YouTube YouTube #建売おしゃれ

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    Aplace株式会社
    • 〒461-0005
    • 愛知県名古屋市東区代官町39−22
      太洋ビル2F
    • 0120-644-550
    • TEL/052-979-2230
    • FAX/052-979-2231
    • 愛知県知事 (2) 第22802号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

矢島 敬章 最新記事



矢島 敬章

一生懸命がかっこいい!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


トップへ戻る