Aplace > Aplace株式会社のブログ記事一覧 > 住宅ローンの支払いはどれぐらいにするか?

住宅ローンの支払いはどれぐらいにするか?

≪ 前へ|いきなり住宅展示場に行ってはいけません。   記事一覧   相場を知れば不動産探しも楽になる!|次へ ≫

住宅ローンの支払いはどれぐらいにするか?

カテゴリ:不動産屋社長の役立つブログ


私はお客さんとお会いした時に
「資金計画」の話しをすることが多いです。
資金計画では返済比率、教育費用、車関係のお話しなどをします。

住居費は月収の30%以内

一般的に住居で使う金額は月収の30%以内と言われます。
この月収は「手取り給料」で計算してください。
月収が30万円の方だと手取りの給料は25万前後だと思います。
25万円の30%だと住居費は75,000円以内となります。

購入した場合は毎年の固定資産税や
住宅の修理なども発生することがあるので
理想は25%以内だと思います。
もちろん食費や通信費、車のローンの有無などで変わってはきますが・・。

ボーナス払いは極力避ける

住宅ローンにはボーナス時に支払いを増額する制度があります。
ボーナス払いを取り入れれば毎月の支払額が減ります。

個人的にはボーナス払いは避けた方が良いと考えています。
その理由としてはボーナスの金額は確約されていないことが多いからです。
勤めている会社の業績が悪くなれば一番、最初に削られるのがボーナスです。

また急な出費が必要になった時などでも
ボーナスで対応できますが
そのボーナスを住居に回してしまうと
いざという時に対応が出来なくなる可能性もあります。

それ以外にも会社を転職することになった場合などで
ボーナスが減るということも考えられます。

共働きでも収入合算はしない

最近では共働きの世帯も増えてきました。
ご主人さんが年収400万円、奥さんが年収200万円の家庭だと
世帯年収は600万円となります。

住居費を月収の30%で計算すると
月々15万円の支払いが可能となります。
しかし奥さんの収入を期待しない方が良いです。
奥さんは出産、育児などで仕事ができなくなる可能性があるからです。

月々15万円の支払いはご主人さんの収入だけで
計算すると40%を超えてきます。
さすがにこれは毎月の生活が立ち行かないです。

繰り上げ返済を活用する

ボーナスや奥さんの収入は貯蓄に回していきましょう。

すぐに利用する予定がないのであれば
その貯蓄で繰り上げ返済を行います。
繰り上げ返済をすることで返済年数が減ります。
返済年数が減るということは「金利負担」も大幅に減ります。

ちなみに3,000万円、金利1%、35年の金利は
500万円以上になります。

金利負担分が減るので思っているより早く完済することが可能となります。

今回はあくまで一例です。
資金計画は同じ年収でも家族構成などで大きく変わります。

物件情報だけでなく資金計画をしっかりと行うことで
住宅購入のリスクを減らすことができます。

資金計画で気になることがある方は
いつでもご連絡ください。



≪ 前へ|いきなり住宅展示場に行ってはいけません。   記事一覧   相場を知れば不動産探しも楽になる!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 更新情報

    2017-07-28
    住宅購入の悩みなど
    お気軽にご質問ください
    ⬇⬇⬇
    友だち追加

    *・.。.相談も無料☆.。.:*・
    ★現地案内無料
    ★ローン相談無料
    ★諸経費算出無料

    2017-07-01



    2017-06-01
    Instagramではオススメのお店や
    不動産屋の日常を暴露してます気づき

    YouTube YouTube #建売おしゃれ

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    Aplace株式会社
    • 〒461-0005
    • 愛知県名古屋市東区代官町39−22
      太洋ビル2F
    • 0120-644-550
    • TEL/052-979-2230
    • FAX/052-979-2231
    • 愛知県知事 (2) 第22802号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

矢島敬章 宅地建物取引士 最新記事



矢島敬章 宅地建物取引士

一生懸命がかっこいい!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る