Aplace > Aplace株式会社のブログ記事一覧 > 火災保険料が値上がり!?契約年数も今の半分に

火災保険料が値上がり!?契約年数も今の半分に

≪ 前へ|手付金?頭金?いくらの現金が必要なのか?   記事一覧   準備不足で欲しい家が買えない可能性も!|次へ ≫

火災保険料が値上がり!?契約年数も今の半分に

カテゴリ:不動産屋社長の役立つブログ


住宅を購入する際には
ほとんどの方が火災保険(地震保険も)に加入します。

現在は
火災保険:10年
地震保険:5年
が最長の契約期間です。

しかし以前は36年での長期契約も可能でした。
当然ですが契約期間が長いほうが
トータルでの保険金額は安くなります。

火災保険は木造か鉄筋コンクリート造なのかで
保険料は変わってきますが
一般的な木造2階建てであれば
火災保険10年、地震保険5年でも30万円前後です。

それが今後は火災保険も5年が最長期間となるようです。
最初に支払う金額は減ると思いますが
トータルで支払う額は増えるでしょう。

災害が増えると保険料は上がる!

保険会社が保険契約を短くする理由は
単純に保険料を値上げするためです。

火災保険の保険料は今までの自然災害の発生状況をもとに
災害が起きる確率を予測して保険料金が決まっています。

ここ数年は台風や地震の災害も多く
保険金の支払いが多額になっているようです。

ちなみに2018年に火災保険の価格は上がっています。
そしてまた保険料が上がるようです。(5%前後)

契約期間を短くするということは
その分更新も増えることになります。

ここ数年のように火災保険料が上がっている状況であれば
更新する度に高い保険料を支払ってもらえます。
(災害が少なければ保険料は安くなります)

同じ保険内容でも支払い額が変わるのは
気分が良いものではないですよね。

駅前にあるビル名を見てみると
〇〇生命保険や〇〇損保などのビルがたくさんあります。

駅前にビルが買えるほど儲かっているわけですよ。
それなら少しぐらいは我慢しろよと私は感じてしまいますが・・。

某ユーチューバーいわく
「保険はぼったくりだ!」
と言っていました。
私はそこまでは言いませんが
保険自体は好きではないです(笑)

【関連ブログ】



≪ 前へ|手付金?頭金?いくらの現金が必要なのか?   記事一覧   準備不足で欲しい家が買えない可能性も!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 更新情報

    2017-07-28
    住宅購入の悩みなど
    お気軽にご質問ください
    ⬇⬇⬇
    友だち追加

    *・.。.相談も無料☆.。.:*・
    ★現地案内無料
    ★ローン相談無料
    ★諸経費算出無料

    2017-07-01



    2017-06-01
    Instagramではオススメのお店や
    不動産屋の日常を暴露してます気づき

    YouTube YouTube #建売おしゃれ

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    Aplace株式会社
    • 〒461-0005
    • 愛知県名古屋市東区代官町39−22
      太洋ビル2F
    • 0120-644-550
    • TEL/052-979-2230
    • FAX/052-979-2231
    • 愛知県知事 (2) 第22802号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

矢島敬章 宅地建物取引士 最新記事



矢島敬章 宅地建物取引士

一生懸命がかっこいい!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


トップへ戻る