Aplace > Aplace株式会社のブログ記事一覧 > 住宅ローン控除が0.7%に引下げ予定!

住宅ローン控除が0.7%に引下げ予定!

≪ 前へ|建売(パワービルダー)を購入予定の方、必見!買う前に知っておきたいポイント   記事一覧   驚くほどの上昇でした・・|次へ ≫

住宅ローン控除が0.7%に引下げ予定!

カテゴリ:不動産屋社長の役立つブログ


政府の税制改正で住宅ローン控除の見直しがされています。
現在は「年末のローン残高×1%」の控除が
「年末ローン残高×0.7%」へ縮小される見通しです。
※本日の記事は正式な決定ではありません

現在の1%という税率の適用を受けるには
2021年末までの入居になりそうです。
となるとすでに完成済みの建売とかでないと難しいでしょう。

また年末の残高の上限も
現在の4,000万円から3,000万円に引き下げる予定です。
ここまでが改悪の条件です。

唯一のプラス部分は住宅ローン控除期間が
今までの10年間から13年間に伸びる
というものです。

10年で1%と13年で0.7%でどっちがお得?

現在の条件だと
4,000万円×1%=40万円
40万円×10年間=400万円
が最大で控除される金額です。

新しい条件になると
3,000万円×0.7%=21万円
21万円×13年間=273万円
となります。
なんと127万円も差がでてしまいます。

上記の計算はあくまで最大の控除額です。
4,000万円の残高を10年間維持するためには
約5,500万円ぐらいの借入をしないといけません。

物件価格がそこまで高くなかったりすれば
そこまで大きな差にはならないと思います。

また税金は払った分しか戻ってきません。
所得税で年間40万円を払うのは
年収で750万円ぐらいの方です。

住民税からの控除も加味しても
最大の控除を受けれるは
年収660万円ぐらいの方からです。

つまり
物件価格5,500万円以上で
年収660万円ぐらいの方は恩恵が少なくなります。
年収が400万円台だと大きな差はなさそうです。

個人的には住宅ローン控除の額が減額になるより
物件価格が上がる方がリスクだと思います。

実際に物件価格は上がっていますからね。
同じ値段でも少し仕様が悪くなっていたりもします。

未来の相場はわからないので
欲しいと思った時に買える物件を買う
のが正解だと思います。

≪ 前へ|建売(パワービルダー)を購入予定の方、必見!買う前に知っておきたいポイント   記事一覧   驚くほどの上昇でした・・|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 更新情報

    2017-07-28
    住宅購入の悩みなど
    お気軽にご質問ください
    ⬇⬇⬇
    友だち追加

    *・.。.相談も無料☆.。.:*・
    ★現地案内無料
    ★ローン相談無料
    ★諸経費算出無料

    2017-07-01



    2017-06-01
    Instagramではオススメのお店や
    不動産屋の日常を暴露してます気づき

    YouTube YouTube #建売おしゃれ

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    Aplace株式会社
    • 〒461-0005
    • 愛知県名古屋市東区代官町39−22
      太洋ビル2F
    • 0120-644-550
    • TEL/052-979-2230
    • FAX/052-979-2231
    • 愛知県知事 (2) 第22802号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

矢島敬章 宅地建物取引士 最新記事



矢島敬章 宅地建物取引士

一生懸命がかっこいい!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


トップへ戻る