Aplace > Aplace株式会社のブログ記事一覧 > 住宅ローン控除が受けれるようになる方法

住宅ローン控除が受けれるようになる方法

≪ 前へ|珍しくスケジュールがいっぱい!   記事一覧   不動産業者が売主の住宅はどうなの?|次へ ≫

住宅ローン控除が受けれるようになる方法

カテゴリ:不動産屋社長の役立つブログ


先日のブログで中古マンションのご契約があったと書きました。
普段は「新築戸建」のご契約が多いのでそこまで気にしませんが
中古物件の購入で注意する部分を解説しようと思います。

築年数によっては減税や住宅ローン控除が受けれない!?

住宅ローンを利用して住宅を購入する場合だと
年末の住宅ローン残高の1%が控除されます。

上限はあるものの10年間で最大400万円が所得税から戻ってきます。
しかし購入する住宅によっては住宅ローンが適用されない場合があります。

住宅ローン控除が適用される条件については以下の通りです。

【新築、中古住宅共通】
・床面積が50㎡以上
・自分自身が居住する(住民票の移転が必要)
・住宅ローンの借入期間が10年以上
・年収が3,000万円以下

新築を購入するのであればほぼ問題ない条件です。
しかし中古住宅の場合は上記以外にも条件があります。

【中古住宅の条件】
・耐火建築物(鉄筋コンクリート造など)の場合は築25年以内
・耐火建築物以外(木造など)の場合は築20年以内

と条件が決められています。

マンションで築25年以上の住宅なんてたくさんあります。
なかには築40年とかもありますからね。

とはいえ築年数が古くても住宅ローン控除を受ける方法はあります。
それは以下の条件を満たすことです。

・耐震診断適合証明書の取得
・住宅性能評価書(耐震等級1以上)を取得
・既存住宅売買瑕疵保険に加入

どの調査も第三者機関へ依頼することになるので
費用は発生します。
費用が発生しても住宅ローン控除、所有権移転時の登録免許税のことを考えるとプラスになることがほとんどです。
住宅によっては取得できない場合もありますが・・。



【関連ブログ】



≪ 前へ|珍しくスケジュールがいっぱい!   記事一覧   不動産業者が売主の住宅はどうなの?|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 更新情報

    2017-07-28
    住宅購入の悩みなど
    お気軽にご質問ください
    ⬇⬇⬇
    友だち追加

    *・.。.相談も無料☆.。.:*・
    ★現地案内無料
    ★ローン相談無料
    ★諸経費算出無料

    2017-07-01



    2017-06-01
    Instagramではオススメのお店や
    不動産屋の日常を暴露してます気づき

    YouTube YouTube #建売おしゃれ

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • ブログ
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    Aplace株式会社
    • 〒461-0005
    • 愛知県名古屋市東区代官町39−22
      太洋ビル2F
    • 0120-644-550
    • TEL/052-979-2230
    • FAX/052-979-2231
    • 愛知県知事 (2) 第22802号
  • Twitter
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

矢島敬章 宅地建物取引士 最新記事



矢島敬章 宅地建物取引士

一生懸命がかっこいい!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る